JASRAC、大阪のバーも提訴 楽曲無断使用

JASRAC、大阪のバーも提訴 楽曲無断使用

JASRAC 大阪のバーも提訴

JASRAC、大阪のバーも提訴 楽曲無断使用

JASRACの本部が入るビル=東京都渋谷区で2019年5月14日、曽根田和久撮影

 著作権を管理している楽曲を無断で流しているとして、日本音楽著作権協会(JASRAC、東京都)は13日、大阪市中央区のバー経営者に、楽曲の使用料約6万円の支払いや使用の差し止めを求める訴えを大阪地裁に起こした。

 JASRACはBGMの無断使用に対して法的措置を進めている。提訴は近畿地方では初。

 訴状などによると、経営者はバーを開店した2013年以降、使用料を支払わずに店内で市販のCDを再生。JASRACは何度も支払いを求めたが店側は応じず、民事調停にも出席しなかった。著作権を侵害しているとして、約6年分の使用料などを求めている。

 JASRACの宇佐美和男・大阪支部長は提訴後の記者会見で「使用料を払っている他店との公平性の観点から、看過できない」と説明した。

 JASRACは、BGMを利用する店舗は全国に125万店(18年度時点)あると推計。うち40万店は未契約という。17年7月に高松地裁と札幌地裁で初めて提訴し、高松地裁では同年11月、バー経営者と和解。札幌地裁は18年3月、理容店経営者に約3万円の支払いを命じ、確定した。

 JASRACはこの日、甲府地裁と福岡地裁でも同様の訴訟を起こした。【村松洋】

関連記事(外部サイト)