身代わり出頭の疑い 兵庫県議を書類送検 物損事故で弟が出頭

身代わり出頭の疑い 兵庫県議を書類送検 物損事故で弟が出頭

谷口俊介・兵庫県議=2019年2月19日午後1時41分、井上元宏撮影

 兵庫県の谷口俊介県議(41)=自民党=が4月の選挙期間中、車で物損事故を起こしたのに通報せず、弟を出頭させたとして、県警神戸西署は17日、道路交通法違反(事故不申告など)と犯人隠避教唆の疑いで谷口県議を書類送検した。30代の弟も犯人隠避の疑いで書類送検した。

 送検容疑は、4月2日朝、神戸市西区のスーパー駐車場でゲートのバーに接触して破損させたが現場から立ち去り、その後に身代わりを頼み、弟が署に出頭したとされる。駐車場の防犯カメラの映像から谷口県議名義の車と判明し、捜査していた。

 谷口県議は今月14日、「私が接触事故を起こし、事故報告に弟が出頭したことに間違いない。深く反省している」などと事実関係を認めるコメントを出していた。【韓光勲】

関連記事(外部サイト)