秋篠宮ご夫妻がみどりの愛護式典出席

秋篠宮ご夫妻がみどりの愛護式典出席

第30回全国「みどりの愛護」のつどい式典に出席された秋篠宮ご夫妻=鳥取市で2019年5月18日午前10時24分、加古信志撮影

 鳥取県を訪問中の秋篠宮ご夫妻は18日、鳥取市の県民体育館で開かれた「第30回全国『みどりの愛護』のつどい」式典に出席された。緑化活動に取り組む団体の表彰を見守り、拍手を送った。

 同式典は「みどりの日」の制定にちなんで1990年に始まり、91年から昨年まで皇太子だった天皇陛下が出席してきた。代替わりに伴い、秋篠宮さまが陛下から引き継いだ。

 秋篠宮さまは式典で「貴重な緑と緑を源とする清らかな水を守り、新たな緑を育てていくためには、多くの人々がその大切さを理解し、幅広く運動に参加していくことが重要」と述べ、活動をたたえた。【稲垣衆史】

関連記事(外部サイト)