「こうのとり」9号機、打ち上げ成功 種子島宇宙センターからISSへ

「こうのとり」9号機、打ち上げ成功 種子島宇宙センターからISSへ

桜島の上空で弧を描くH2Bロケット9号機の光跡=鹿児島市で2020年5月21日午前2時半、須賀川理撮影

 三菱重工業は21日午前2時31分、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の無人補給機「こうのとり」9号機を載せたH2Bロケットを鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げた。2009年の初号機以降、8回連続して国際宇宙ステーション(ISS)への物資補給に成功しており、同ロケットと共に最後の任務となる。こうのとりは約15分後に予定した軌道に投入され、打ち上げは成功した。

 宇宙飛行士が必要とする食料品や衣類、実験装置やISSの電源となるバッテリーなどを運ぶ。ISSには25日午後9時過ぎに到着する予定。

 21年度以降はJAXAが開発中の後継機「HTV―X」がこうのとりの役割を引き継ぐ。

 こうのとりはISSのロボットアームでキャッチされていたが、HTV―Xは米国が計画する月周回宇宙ステーションにも対応するため、自動ドッキングの機能を備える。こうのとり9号機はこの技術を獲得するため、ISSに接近する様子を撮影し、動画をリアルタイムでISS内に伝送する実験も行う。

 打ち上げ時には毎回多くの人が見学に訪れるが、今回は新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、地元の同県南種子町が見学場を閉鎖。三菱重工業とJAXAは人員を約2割削減して準備に当たった。【池田知広】

関連記事(外部サイト)