鳥取県、高校野球とインターハイの代替大会開催へ 都道府県レベルで支援は全国初

鳥取県、高校野球とインターハイの代替大会開催へ 都道府県レベルで支援は全国初

高校野球やインターハイの代替大会を開催すると表明した平井伸治知事=鳥取市の鳥取県庁で2020年5月21日午前10時13分、野原寛史撮影

 鳥取県の平井伸治知事は21日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止となった第102回全国高校野球選手権大会の地方大会の代替として県独自の大会を開催すると表明した。全国高校総体(インターハイ)も中止となっているため、野球以外の競技の代替大会も開く。いずれも今夏開催で当初予定の大会に近い形を目指し、一部の試合はネット中継する。

 県高野連や県高体連が主催し、県は会場使用料やネット中継費用など約1000万円を盛り込んだ補正予算案を6月定例県議会に提出する。県によると、コロナ禍を受けて中止された高校スポーツの代替大会を都道府県レベルで支援するのは全国初。

 同県で確認された感染者は3人。1カ月以上新たな確認はなく、今月7日から県立高の授業と部活動を再開。現時点で、野球場や陸上競技場、体育館などでの無観客試合は開催可能としている。無観客とするかなどの詳細は今後検討する。平井知事は記者会見で「若者が夢を実現できるように、大人が舞台を整えることが必要だ」と説明した。【野原寛史】

関連記事(外部サイト)