ゴーン被告逃亡手助け 米当局逮捕の2容疑者 東京地検が身柄の引き渡し請求へ

ゴーン被告逃亡手助け 米当局逮捕の2容疑者 東京地検が身柄の引き渡し請求へ

検察庁=東京都千代田区で2020年5月21日、宮間俊樹撮影

 カルロス・ゴーン被告の逃亡を手助けしたとされる米国人2人が米国内で逮捕されたことを受け、東京地検は21日、米司法当局に対し、日米犯罪人引き渡し条約に基づく両容疑者の引き渡しを請求する方針を明らかにした。

 地検によると、今後、米国の裁判所の許可が出れば、米司法当局が両容疑者を日本側に引き渡す。ただし、両容疑者が否認するなどした場合、引き渡しの実現までに1年以上かかる可能性もあるという。

 同地検の斎藤隆博次席検事は「現在、速やかに引き渡し請求を行うべく準備を進めている」とコメントした。【志村一也】

関連記事(外部サイト)