4月の全国スーパー売上高4.5%減 衣料品は半減 食料品は外出自粛で1割増

 日本チェーンストア協会が21日発表した4月の既存店売上高は、新型コロナウイルスの影響で前年同月比4・5%減と3カ月ぶりに前年実績を下回った。衣料品が店舗休業などの影響で53・7%減と低迷したことが響いた。食料品は外出自粛で家庭での需要が急増したことで9・5%増えた。

 調査は同協会に加盟する総合スーパーやホームセンターなど56社が対象。4月に政府が緊急事態宣言を出したことで外出自粛が広がり、食料品はインスタントラーメンや加工肉など日持ちする食材のまとめ買いが増えた。一方、衣料品は休業店舗の増加や外出自粛で大きく落ち込んだ。日用雑貨品や家具、家電などの住宅関連も14・2%減と振るわなかった。

 21日に近畿3府県の緊急事態宣言解除が決まり、営業を再開する店舗も増えるとみられるが、同協会の担当者は「収入が減っている人も多く、衣料品や住宅関連の消費はすぐには戻らないだろう」とみている。

 一方、全国スーパーマーケット協会など食品スーパーの主要3団体が21日公表した4月の売上高(速報値)は、調査対象の270社の既存店ベースで前年同月比10・7%増だった。食品需要の増加を受け、2010年4月の調査開始以来、最大の上昇率になった。前年同月を上回ったのは3カ月連続。【中津川甫】

関連記事(外部サイト)