「理想の上司は志村けんさん」熊本の新入社員調査 昨年はたった1票、ごぼう抜き

「理想の上司は志村けんさん」熊本の新入社員調査 昨年はたった1票、ごぼう抜き

人生夕方から 「本当は照れるんだよね」とポーズをとる志村けんさん=東京都千代田区で2010年4月27日午後、尾籠章裕撮影

 熊本市内の企業に今春就職した新入社員に「理想の上司を有名人に例えると誰か」を意識調査したところ、男女とも1位は、新型コロナウイルスによる肺炎のため3月29日に亡くなったコメディアンの志村けんさんだった。

 調査は熊本商工会議所(熊本市)が4月1〜15日、同市の88社に就職した657人に実施し、74社の578人から回答があった。

 志村さんは2019年の調査では1票だったが、20年は38票だった。同商議所の担当者は「新型コロナウイルスで亡くなられた衝撃が若い人たちに大きかったのではないか」と語った。志村さんは「天才!志村どうぶつ園」(日本テレビ系)で、熊本県阿蘇市の動物園「阿蘇カドリー・ドミニオン」のチンパンジー、パンくんと長年共演しており、商議所の担当者は「志村さんが熊本によく来られていたことも影響したかもしれない」と話した。

 2位以下は、明石家さんまさん28票▽内村光良さん22票▽松本人志さん19票▽天海祐希さん17票――らだった。【山本泰久】

関連記事(外部サイト)