ブルーライン、運転再開 全線運行再開は4日ぶり

ブルーライン、運転再開 全線運行再開は4日ぶり

脱線した横浜市営地下鉄ブルーラインの先頭車両=横浜市提供

 横浜市営地下鉄ブルーラインの始発電車が脱線した事故で、横浜市交通局は10日午前10時、事故があった6日から休止していた湘南台―踊場間の運行を再開した。全線運行再開は4日ぶり。当初は9日の再開を見込んで進めていた事故車両の撤去作業は、車体の状態などから難航し、再開時期がずれ込んでいた。

 事故は6日早朝に横浜市泉区の下飯田駅から約150メートルの地点で発生。営業運転が始まる前の点検で軌道上に装着した装置を作業員が撤去し忘れ、そこに始発列車が乗り上げ、6両編成の列車のうち5両が脱線。乗客の女性1人が軽傷を負った。【木下翔太郎】

関連記事(外部サイト)