容疑者、金銭目的で侵入か 複数の部屋狙う映像 被害者との接点確認できず 山形の眼科医殺害

容疑者、金銭目的で侵入か 複数の部屋狙う映像 被害者との接点確認できず 山形の眼科医殺害

加藤紘貴容疑者が住むとみられるマンションから出てくる山形県警の捜査員=山形市で12日午後7時20分ごろ、後藤逸郎撮影

 山形県東根市の眼科医、矢口智恵美さん(50)が自宅マンションで殺害された事件で、12日に殺人と住居侵入容疑で逮捕された山形大人文学部4年、加藤紘貴容疑者(23)=山形市=とみられる男が、矢口さんと同じマンションの複数の部屋のドアを開けようとしたり、室内の様子をうかがおうとしたりする姿が防犯カメラに映っていた。捜査関係者への取材で判明した。矢口さんと加藤容疑者に面識はないとみられ、県警は金銭目的で侵入しようとした可能性もあるとみて調べる。

 逮捕容疑は5月19日朝、東根市さくらんぼ駅前3のマンション2階にある矢口さん宅に侵入し、矢口さんの頭部を鈍器で繰り返し殴打して頭蓋(ずがい)内損傷で殺害したとしている。加藤容疑者は容疑を否認しているという。

 捜査関係者によると、事件時に矢口さんは在宅で、玄関の鍵はかかっていなかった。加藤容疑者とみられる男が開けようとした別の部屋はいずれも鍵がかかっており、入れなかったとみられる。矢口さんは1人暮らしだった。

 矢口さんが院長を務めていた眼科クリニックの事務長によると、加藤容疑者は患者ではなかった。県警も2人の接点を確認できておらず、加藤容疑者は防犯カメラの映像の解析で浮かんだ。

 室内からは血のついたゴルフクラブのパターが見つかっている。捜査関係者によると、パターは矢口さんのもので、県警は凶器の可能性があるとみて調べている。

 県警によると、矢口さんの遺体は5月19日午後5時50分ごろ、マンションを訪れた弟が発見し、110番。矢口さんは同18日午後10時45分ごろ、眼科クリニックの職員と電話で会話したことが確認されていた。【日高七海、田中理知】

関連記事(外部サイト)