障害者施設で男性死亡 介護士の男を逮捕 傷害致死の疑い 大阪・茨木

障害者施設で男性死亡 介護士の男を逮捕 傷害致死の疑い 大阪・茨木

大阪府警茨木署に入る伊住祐輔容疑者=大阪府茨木市で2019年6月13日午前7時57分、小松雄介撮影

 大阪府茨木市の障害者福祉施設「障がい者サポートセンターしみず」で今年3月、入所者の男性(当時30歳)に暴行を加えて死亡させたとして、大阪府警は13日、施設職員で介護福祉士の伊住祐輔容疑者(40)=同府箕面市=を傷害致死の疑いで逮捕した。

 逮捕容疑は3月22日夜〜23日未明、施設に入所中の男性の腹部に乗ったり、首を圧迫したりする暴行を加え、24日に死亡させたとしている。「腕をつかんだりしたが、けがはさせてない」と容疑を否認している。

 府警捜査1課などによると、男性は重度の知的障害があり、22日夕から1泊2日の予定で短期入所していた。男性は夜遅くになっても寝付きが悪く、当直勤務の伊住容疑者と女性職員の2人が交代で見守るなどしていた。

 23日午前1時過ぎ、伊住容疑者が休憩室にいた女性職員に「男性の様子がおかしい」と相談。呼吸しておらず、女性職員が119番した。男性は心肺停止状態で救急搬送され、24日未明に死亡が確認された。

 司法解剖の結果、喉の骨が折れ、内臓が損傷していた他、胸や腹部に複数の打撲の痕があった。伊住容疑者は逮捕前の調べに対し、「寝付かなかったので男性に覆いかぶさったり、膝で腹を押さえつけたりした。おとなしくさせるためで、暴行の意図はなかった」と説明したという。

 男性の母親は13日、毎日新聞の取材に「安心して預けているのに、なぜこういうことが起きたのかしっかり説明してほしい」と話した。

 この施設は社会福祉法人「慶徳会」が運営し、職員約40人。短期入所(定員6人)の他、日帰りのショートステイなどの福祉サービスを展開している。【伊藤遥、土田暁彦、野田樹】

関連記事(外部サイト)