東京・町田の女性死亡 妻殺害容疑で逮捕の夫「やっていません。すべて黙秘」

東京・町田の女性死亡 妻殺害容疑で逮捕の夫「やっていません。すべて黙秘」

警視庁町田署に入る関健次容疑者(中央)=東京都町田市で2019年6月13日午前8時8分、玉城達郎撮影

 東京都町田市鶴川の介護サービス付き高齢者住宅で昨年9月、入居者の関初枝さん(69)が殺害された事件で、警視庁捜査1課は13日、夫の健次容疑者(71)=さいたま市中央区=を殺人の疑いで逮捕した。捜査本部によると、健次容疑者は「やっていません」と容疑を否認した後、「すべて黙秘します」と供述しているという。

 逮捕容疑は、昨年9月20日午後9時ごろから翌21日午前6時ごろまでの間に、初枝さんが入居する「ココファンまちだ鶴川」1階の個室で、初枝さんの頭を鈍器のようなもので殴るなどして殺害したとしている。

 捜査関係者によると、夫婦は隣同士の部屋に入居。21日午前6時ごろ、初枝さんの部屋で遺体を見つけたと健次容疑者がスタッフに連絡して事件が発覚した。健次容疑者は「朝の散歩に行く前に妻の部屋に寄ったら鍵がかかっていた。合鍵で開けるとベッドで血を流していた」などと第一発見者を装っていたという。

 初枝さんの頭部には傷があり、パジャマ姿でベッドに倒れていた。玄関は施錠されていたが、中庭に面した掃き出し窓の鍵はかかっていなかった。【山本佳孝、土江洋範、最上和喜】

関連記事(外部サイト)