高島屋通販サイト 化粧品など原産国表示に誤り 消費者庁が再発防止命令

高島屋通販サイト 化粧品など原産国表示に誤り 消費者庁が再発防止命令

高島屋 化粧品の原産国誤り

高島屋通販サイト 化粧品など原産国表示に誤り 消費者庁が再発防止命令

高島屋のインターネット通販サイトで販売され、原産地の表示が違っていた化粧品など=2019年6月13日、岡礼子撮影

 大手百貨店の高島屋(本社・大阪市)が運営するインターネット通販サイトで、化粧品など計147品で実際と異なる原産国を表示したのは景品表示法違反(原産国に関する不当表示)に当たるとして、消費者庁は13日、再発防止を求める措置命令を出した。同法違反の事例で1社あたりの商品数としては過去最多。

 違反と認定されたのは2011年8月〜19年4月の表示。シャネルやディオールなど25ブランドの正規の化粧品で、韓国産をフランス産、フランス産をアメリカ産などと表示した。商品はファンデーション、マスカラ、アイシャドーなど。

 昨年10月、同サイトで化粧品を購入した客から、原産国が違うと高島屋に問い合わせがあり発覚。高島屋の報告を受け、消費者庁が調査していた。

 高島屋は「掲載情報の確認や、原産国が変更になった場合に修正する体制が整っていなかった。再発防止を徹底する」としている。対象商品の販売数は3920点(計約1500万円)。いずれも商品自体には正しい表記があった。【岡礼子】

関連記事(外部サイト)