大阪市電気工事汚職 贈賄業者が起訴内容認める

大阪市電気工事汚職 贈賄業者が起訴内容認める

大阪市役所=林由紀子撮影

 大阪市発注の電気工事を巡る汚職事件で、贈賄などの罪に問われた電気工事会社「アエルテクノス」(同市中央区)の元実質経営者、白木京介被告(48)の初公判が13日、大阪地裁(大寄淳裁判長)であり、白木被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。

 検察側は冒頭陳述で、市が入札の不正対策を強化した2012年ごろから、白木被告が旧知の元市建設局職員、青木伸一被告(45)=加重収賄罪などで起訴、懲戒免職=への飲食接待を繰り返して入札情報を入手したと指摘。複数の工事を落札できるようになると、5万〜数百万円の謝礼を渡していたという。

 起訴状によると、白木被告は16〜18年、青木被告から入札情報を教えてもらう見返りに、現金約370万円やスポーツカー(約400万円相当)を贈るなどしたとされる。【松本紫帆】

関連記事(外部サイト)