ドローンの規制に自衛隊13施設 東京・市ケ谷の防衛省など

ドローンの規制に自衛隊13施設 東京・市ケ谷の防衛省など

防衛省=東京都新宿区で、小川昌宏撮影

 防衛省は13日、小型無人機「ドローン」の飛行規制対象を広げる改正ドローン規制法の施行に合わせ、対象となる防衛関係施設として東京・市ケ谷の防衛省など13カ所を指定した。今回は自衛隊施設のうち優先度が高い施設を指定。米軍施設や沖縄県名護市辺野古で進む米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の移設工事周辺は、米側と協議しつつ指定の必要性を検討している。

 規制の対象となるのは20日以降の飛行。指定されたのは、陸上自衛隊の全国の部隊を束ねる陸上総隊がある朝霞駐屯地(東京都など)や、海上自衛隊の自衛艦隊司令部がある横須賀地方総監部船越庁舎(神奈川県)、航空自衛隊航空支援集団司令部がある府中基地(東京都)など。【町田徳丈】

関連記事(外部サイト)