兵庫・生野銀山で、PR用マネキン人形「銀山ボーイズ」のプロモーションビデオ撮影

兵庫・生野銀山で、PR用マネキン人形「銀山ボーイズ」のプロモーションビデオ撮影

坑道内で銀山ボーイズの風太郎(中央)を撮影するスタッフ=兵庫県朝来市生野町の生野銀山で2019年6月13日、松田学撮影

 兵庫県朝来市生野町の史跡・生野銀山で、PR用マネキン人形「銀山ボーイズ」のサードシングル曲用プロモーションビデオ(PV)の撮影が13日から始まった。

 大阪市の映像制作会社のスタッフが、坑道内で照明を当てたり、スモークをたいたりして雰囲気を出し、鉱山労働者姿の飛鳥くんやへいくろう、栄作ら十数体の約40カットを撮った。17日には同市の名所・竹田城跡でも撮影予定で、多次勝昭市長も出演するという。

 完成したPVは8月3日に生野銀山で開かれるイベントでお披露目される。製作の指揮をとる日座裕介監督(40)は「前作に比べてとんでもなくパワーアップしている。『銀山ボーイズがあんなことに……』というまさかまさかの展開、結末が待ち受けている。見てのお楽しみ」と大いにあおっている。【松田学】

関連記事(外部サイト)