元号が緑の皮に黄色く浮かぶ「令和すいか」 10万円でスーパーが落札

元号が緑の皮に黄色く浮かぶ「令和すいか」 10万円でスーパーが落札

「令和」の文字が入ったスイカ=金沢市西念4の金沢市中央卸売市場で2019年6月13日午前6時52分、井手千夏撮影

 金沢市で13日にあった市産スイカの初競りで、新元号の文字が緑の皮に黄色く浮かぶ「令和すいか」が登場し、大玉(10キロ)2個のセットを市内のスーパーが10万円の高額で落札した。

 1個に1文字ずつ遮光シールを貼って栽培され、競られたのはこの2個のみ。通常の30倍を超える価格に競り会場もどよめき、スーパーの担当者は「元年なので『1』がついた値段と決めていた」。

 店頭で展示後、「食べないのは農家に失礼」(担当者)と客らに振る舞うことも検討。口にできる人には価値ある「令和初のお中元」となりそう。【井手千夏】

関連記事(外部サイト)