大和ハウス賃貸マンションで不適切動画 下請け作業員が受水槽で泳ぎSNS「めっちゃ気持ちいい」

大和ハウス賃貸マンションで不適切動画 下請け作業員が受水槽で泳ぎSNS「めっちゃ気持ちいい」

受水槽で泳ぎ大和ハウス謝罪

大和ハウス賃貸マンションで不適切動画 下請け作業員が受水槽で泳ぎSNS「めっちゃ気持ちいい」

大和ハウスグループのロゴマーク=村田由紀子撮影

 大和ハウス工業(大阪市)は13日、下請け会社の男性作業員3人が、福岡県内の賃貸マンションに設置された受水槽で泳いだり、その様子を動画で撮影したりするなどの不適切な行為をしていたと発表した。受水槽は水道水をため、各世帯で飲料水などとして使われている。男性が受水槽内を泳ぐ動画がSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に投稿され、ネット上で話題になっていた。

 動画には、3人のうちの1人がパンツ1枚で受水槽内の水に入ってはしゃいだり、「めっちゃ気持ちいい」と笑ってピースサインしたりする様子が映っていた。関係者によると、このマンションは同県志免町内にある。

 同社によると、撮影されたのは昨年9月で、3人は受水槽の清掃点検中だった。問題発覚を受け、管理会社が今月12日に水を全て抜き清掃した。これまでに水質に異常は確認されていないという。

 大和ハウス工業は「入居者に迷惑をかけて申し訳ない。今後法的措置を含め厳正に対応する」としている。【西嶋正法】

関連記事(外部サイト)