西宮園児負傷事故 容疑者「忘れ物に気付いて取りに戻ろうと」

西宮園児負傷事故 容疑者「忘れ物に気付いて取りに戻ろうと」

園児が乗用車にはねられた現場=兵庫県西宮市で2019年6月13日午後0時12分、本社ヘリから

 兵庫県西宮市で園児2人が車にはねられた事故で、車を運転し、自動車運転処罰法違反(過失致傷)容疑で現行犯逮捕された同市の無職、上田理恵子容疑者(69)が「忘れ物に気付いて取りに戻るため、Uターンするつもりだった」と供述していることが、兵庫県警への取材で分かった。上田容疑者は市道沿いの駐車場に入ろうとして事故を起こしており、県警は忘れ物に気を取られて不注意になったとみて調べている。

 県警によると、はねられたのはいずれも現場近くの「のぞみ夢保育園」の園児で、6歳女児が右肩骨折の重傷、5歳女児が両膝に軽いけが。市などによると、園児17人を保育士2人が引率し、近くの公園に行くため歩道を歩いていたところ、はねられたという。【生野由佳、近藤諭】

関連記事(外部サイト)