照明も空調もない部屋に1カ月間閉じ込めか 知的障害の長男監禁疑い 両親逮捕

照明も空調もない部屋に1カ月間閉じ込めか 知的障害の長男監禁疑い 両親逮捕

大阪府警本部=藤田剛撮影

 知的障害のある長男(22)を部屋に閉じ込めたとして、大阪府警は13日、父親で会社員の金城信雄(45)と母親の利美(41)=いずれも大阪市平野区=の両容疑者を監禁の疑いで逮捕した。明かりがなく空調も利かない部屋で、約1カ月間にわたって監禁したという。

 逮捕容疑は今年4月1〜2日、自宅3階の部屋に長男を閉じ込めたとしている。「外で悪さをするので仕方なくやった」などと、2人とも容疑を認めている。

 府警捜査1課によると、部屋は外側から鍵が付けられ、2人は弁当を渡したり、排せつ用のバケツを取り換えたりする際だけ部屋を訪れていた。

 信雄容疑者は逮捕前の調べに「3月初めに長男が口答えしたので顔面を殴った。それから閉じ込めている」と供述していた。昨年4月ごろにも監禁した疑いがあるという。

 一家を巡っては、今年4月、長女(23)が弟(3)を踏みつけて殺害したとして、殺人の疑いで逮捕されている。【伊藤遥、土田暁彦】

関連記事(外部サイト)