西日本から北日本 激しい雨、雷に警戒

西日本から北日本 激しい雨、雷に警戒

気象庁が入るビル=高添博之撮影

 発達する低気圧の影響で、15〜16日は西日本から北日本の広範囲で、強風や雷を伴う大雨が予想される。気象庁は落雷や竜巻などの突風、土砂災害や浸水などに注意を呼びかけている。

 気象庁によると、九州の南にある前線を伴った低気圧が発達しながら日本列島を北東に進み、16日は北日本に接近する。このため西日本から北日本の広い範囲で、16日朝にかけて激しい雨となる恐れがある。

 16日午前6時までの24時間予想雨量は、いずれも多い地域で、東海150ミリ、東北、関東甲信、近畿、四国、中国120ミリ。【奥山はるな】

関連記事(外部サイト)