タンタンもう少し一緒にいられるかな 返還予定のパンダ 中国総領事が見学

タンタンもう少し一緒にいられるかな 返還予定のパンダ 中国総領事が見学

神戸市立王子動物園を訪問した中国の在大阪総領事館の何振良総領事=同市灘区の王子動物園で2020年6月30日午後2時44分、韓光勲撮影

 中国の在大阪総領事館の何振良総領事が30日、神戸市立王子動物園(灘区)を訪れ、ジャイアントパンダ「タンタン」(旦旦)の様子を見学した。タンタンは7月15日に貸与期限を迎えるが、新型コロナウイルスの影響などで中国への返還は秋以降になる見通し。

 何総領事はタンタンが暮らす室内展示場を訪問。竹を食べて寝そべる姿に「かわいいですね」とほほ笑んだ。同行した油井洋明副市長は新たなペアの貸与を要望し、何総領事は「関係者に神戸の思いを伝える。新しいパンダが来るよう、共に頑張りましょう」と話したという。油井副市長は「タンタンの返還時期は未定だが、飛行機の運航状況を見ながら話を進める」と話した。

 王子動物園では「ありがとうタンタンキャンペーン」を実施。園内の資料館で、タンタンが神戸に来てからの歴史や市民のメッセージなどが展示されている。【韓光勲】

関連記事(外部サイト)