八丈島唯一のローカル紙休刊 「南海タイムス」惜しまれ90年

 東京都心の南方約300キロに浮かぶ離島、八丈島(東京都八丈町)で約90年間続いたローカル紙「南海タイムス」が6月、3752号を最後に休刊した。島の話題を長年、記録し続けてきたが、事業の縮小によって収入が減る中、新型コロナウイルスで島内経済に大きな影響が出ており、発行継続を断念した。歴史ある新聞の休刊に島民からは惜しむ声が上がっている。

 南海タイムスはタブロイド判4ページで、発行部数は約2000部。月2回発行し、郵送で届けていた。1931(昭和6)年に東京日日新聞(現毎日新聞)の通信員も務めた作家、小栗又一が月刊紙として創刊し、終戦前後などの一部をのぞき発行を続けてきた。

 ここ35年間は主に社長の苅田義之さん(59)と妻の菊池まりさん(67)の2人で取材から執筆、編集まで担当。紙面では町政や経済だけでなく、行事や島民の紹介、季節の話題など幅広く取り上げてきた。

 歴史の掘り起こしにも力を入れた。菊池さんは2004年、島内の旧家で見つけた古文書を読み、島史の基礎的な文献とされる19世紀の地方誌「八丈実記」との違いに気づいた。文献調査や専門家への取材などを続けるうち、歴史が書き換えられた可能性が判明。新たな資料が出てくるたびに紙面で報じ、郷土史の再検証の必要性を指摘してきた。

 「町政の監視」というジャーナリズムの役割も貫いた。12年に島の山中に建設された一般廃棄物管理型最終処分場を巡っては、環境破壊につながるとしてキャンペーン報道を展開。大きな住民運動につながった。23歳から記者を続ける菊池さんは「小さな島なのでなれ合いになりやすいが、町とはつかず離れずの関係を保つように気をつけてきた」と振り返る。

 島唯一のローカル紙の休刊に、ツイッターでは島出身者などから「寂しい」「残念」などと惜しむ声が相次いで投稿された。八丈島で特産のくさやを扱う長田商店の長田隆弘さん(57)は電話取材に「初めてのアルバイトが南海タイムスの配達だったという人も多い。生活に密着した視点で、島のいいことも悪いことも記事にしてくれた。いつかぜひまた復刊してほしい」と話した。【金子淳】

関連記事(外部サイト)