熊本県が安否確認コールセンター 家族・友人情報伝達で回答 土日・祝日も対応

熊本県が安否確認コールセンター 家族・友人情報伝達で回答 土日・祝日も対応

家屋に流れ込んだ土砂や流木の撤去中に雨が激しく降りだし、作業を中断し軒下に避難する人=熊本県芦北町で2020年7月9日午前10時19分、徳野仁子撮影

 豪雨災害で家族、友人らの安否確認が取れない人たちのため、熊本県は9日、「7月豪雨に係る安否情報確認等コールセンター」(096・333・2034)を開設した。平日だけでなく土日・祝日も午前8時半〜午後5時15分に相談を受け付ける。

 コールセンターに電話して被災地で生活している家族や親類、友人などの住所、連絡先などを伝えれば、県の担当者が被災自治体や警察署などと連携し、どの避難所にいるのかなどを回答してくれる。センター開設期間は「当面の間」としている。

 担当者は「後日回答になるケースもあるだろうし、すべてに回答できるかもわからないが、多くの人の不安感を取り払えるよう努めたい」と話している。【山本泰久】

関連記事(外部サイト)