新幹線も特急も…九州の鉄道、2日間1万円で乗り放題 バスや船も割引

 JR九州は今夏に期間限定で、九州内の鉄道が1万円で乗り放題となる切符を販売する。西日本鉄道など九州・山口のバスや船舶の事業者も同様のキャンペーンを開催。いずれも新型コロナウイルスの影響で落ち込む各地の観光地を盛り上げようと企画したもので、利用期間は9月27日まで。

 JR九州が発売する「みんなの九州きっぷ」は、全九州版(大人1万円、子ども2000円)と北部九州版(大人5000円、子ども1000円)の2種類。いずれも新幹線と特急、快速・普通の自由席が連続する2日間(土日祝日)乗り放題になる。指定席も6回利用できる。全九州版の対象区間は、九州新幹線とJR九州の全線、北部九州版は九州新幹線の熊本駅以北と、熊本駅と大分駅を結ぶ豊肥線以北。購入はインターネット経由のみで、利用は11日から。

 バスや船舶の計47事業者が実施する「今こそ、SUNQ(サンキュー)! 元気割」キャンペーンは、既存の乗り放題乗車券「SUNQパス」のうち通常1万1000円の「全九州3日券」を、土日祝日の利用に限り1万円で販売。九州7県と山口県下関市の高速バスと路線バス、近距離フェリーの計約2400路線が対象の連続3日間乗り放題になる。

 期間限定の「北部九州2日券」は、福岡、佐賀、長崎、大分、熊本の5県と下関市で、土日祝日の連続2日間が4500円で乗り放題になる。いずれも利用は23日から。【石田宗久】

関連記事(外部サイト)