五輪開催地への移動は慎重に 東海3県知事、共同メッセージ

五輪開催地への移動は慎重に 東海3県知事、共同メッセージ

五輪マーク=東京都新宿区で、小川昌宏撮影

 愛知、岐阜、三重の3県知事は16日、東京オリンピック・パラリンピック開幕を前に、開催地への移動を慎重に検討するよう求める共同メッセージを出した。

 新型コロナウイルス対策で、パブリックビューイングや大人数で飲食店に集まって応援することも、感染リスクが高まるとして避けるよう呼びかけた。夏休みに向け、不要不急の旅行や帰省を控えることも求めている。愛知県の大村秀章知事は「夏のリバウンド(感染再拡大)阻止に向け、協力をお願いしたい」と話した。【高井瞳】

関連記事(外部サイト)