公明・山口代表、パラリンピック「できたら観客入れて」 講演で発言

公明・山口代表、パラリンピック「できたら観客入れて」 講演で発言

公明代表 パラ有観客に意欲

公明・山口代表、パラリンピック「できたら観客入れて」 講演で発言

公明党の山口那津男代表

 公明党の山口那津男代表は18日、8月24日開幕の東京パラリンピックについて、「できたら観客を入れて選手を励まし、ともに競技に参加するあり方を実現できればいい」と有観客での開催に意欲を示した。パラリンピックに観客を入れるかどうかの判断は、東京オリンピック後に先延ばしされている。

 この日、金沢市内での講演で述べた。また、山口氏は新型コロナウイルスの感染拡大で観光業や飲食業などが大きな打撃を受けているとして、感染収束後に「新しい『GoToキャンペーン』をやるべきだ」と述べ、さらなる支援が必要との考えを示した。【阿部弘賢】

関連記事(外部サイト)