性暴力加害者の更生団体代表名乗る 強制性交疑いで48歳逮捕

性暴力加害者の更生団体代表名乗る 強制性交疑いで48歳逮捕

大阪府警本部=藤田剛撮影

 マッチングアプリで知り合った女性を脅して性的暴行を加えたとして、大阪府警都島署などは18日、大阪市旭区太子橋1、自称団体職員、松本学容疑者(48)を強制性交等容疑で逮捕したと発表した。性暴力の加害者の更生支援などをする団体の代表理事を名乗っているという。松本容疑者は「合意の上だった」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は、7月8日に府内の建物の一室で、20代女性に対し「個人情報をばらす」などと脅して性的暴行を加えたとしている。

 刑事特別捜査隊によると、松本容疑者はマッチングアプリで知り合った女性に性行為の見返りに数百万円を支払うと約束。事前に運転免許証や裸の写真を女性に送らせたり、性行為に同意する誓約書を書かせたりしていたという。

 2019年以降、府内で10〜20代の女性6人が同様の被害を訴えており、府警は関連を調べている。【安元久美子】

関連記事(外部サイト)