熱海土石流、死者新たに5人 行方不明者は12人 3人の身元判明

熱海土石流、死者新たに5人 行方不明者は12人 3人の身元判明

重機によって土砂の撤去が進められる現場=2021年7月17日、住民提供

 静岡県熱海市伊豆山(いずさん)地区の土石流災害で、同市は18日、前日からの捜索で計5人の遺体が見つかり、これまでに発見された死者のうち3人の身元が判明したと発表した。身元が分かったのは、いずれもこの地区で暮らす臼井直子さん(38)と西澤(旧姓・小磯)友紀さん(44)、好川美代子さん(76)。土石流災害の死者は18人、行方不明者は12人となった。

 一方で市は18日、伊豆山地区の緊急安全確保(警戒レベルが最高の5)区域を一部解除し、捜索活動と生活再建を優先する「調整区域」を新たに設けた。通行止めが続いている国道135号と市道伊豆山神社線に「捜索活動優先道路」「生活再建優先道路」を設定。被害が深刻な地域の立ち入り禁止は継続する。【石川宏】

関連記事(外部サイト)