ゴーン被告逃亡支援の米元特殊部隊隊員親子に実刑判決 東京地裁

ゴーン被告逃亡支援の米元特殊部隊隊員親子に実刑判決 東京地裁

東京地裁および東京高裁が入る庁舎=東京都千代田区で

 保釈中だった日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告(67)=会社法違反などで起訴=のレバノン逃亡を手助けしたとして、犯人隠避罪に問われた米陸軍特殊部隊「グリーンベレー」元隊員のマイケル・テイラー被告(60)に対し、東京地裁(楡井=にれい=英夫裁判長)は19日、懲役2年(求刑・懲役2年10月)の実刑判決を言い渡した。共謀したとされた息子のピーター・テイラー被告(28)は懲役1年8月(同2年6月)とした。

 起訴状によると、両被告は2019年12月29日、保釈中のゴーン前会長を東京都内から関西国際空港に移動させ、音響機材用の箱の中に隠してプライベートジェット機で国外逃亡させたとされる。

 両被告は公判で「日本の司法制度に大きな問題を起こし、おわびします」などと起訴内容を認め、弁護側は日米での身体拘束が400日を超えていることなどから執行猶予付きの判決を求めていた。【遠藤浩二】

関連記事(外部サイト)