コロナで大会辞退の米子松蔭、鳥取県高野連に嘆願書 再出場求め

コロナで大会辞退の米子松蔭、鳥取県高野連に嘆願書 再出場求め

米子松蔭が再出場求め嘆願書

コロナで大会辞退の米子松蔭、鳥取県高野連に嘆願書 再出場求め

野球(写真はイメージ)=ゲッティ

 学校関係者の新型コロナウイルス感染で全国高校野球選手権鳥取大会の出場辞退を余儀なくされた米子松蔭高校(鳥取県米子市)は、再出場を求める嘆願書を鳥取県高校野球連盟に提出した。県高野連は19日午前に米子市内で対応を協議したが、結論は出なかった。協議を継続するとみられる。

 米子松蔭を巡っては、16日深夜に学校関係者の1人の感染が判明。部員を含めて野球部関係者は独自で実施した抗原検査で陰性が確認され、濃厚接触者もいなかった。17日の第1試合で境高校(同県境港市)と対戦予定だったが、保健所の判断などに従う形で出場辞退を迫られ、不戦敗になっていた。部員は泣き崩れたという。

 出場辞退の決定後、関係者の判断を疑問視する声が相次いでいる。主将の西村虎之助選手(3年)は18日午後、自身のツイッターに「僕たちは夏の大会に向けて、甲子園目指して、必死に練習してきました。部員から陽性者は出ていません。学校は最後の最後まで出場できる道を探してくれました。試合もできずに、このまま終わってしまうのは、あまりにも辛(つら)いです」と書き込んだ。

 この投稿に米子市長を含め各界の著名人が反応する展開になった。米子松蔭は18日、再出場の救済措置を求める嘆願書を県高野連に提出した。

 米子松蔭は甲子園に春夏計4回出場の強豪校で、春季県大会は優勝。今大会は第1シードで優勝候補の一つとして注目されていた。【野原寛史、柴崎達矢、平川哲也】

今後他校が同じ思いしないように

 米子松蔭の長崎成輝校長は19日、毎日新聞の電話取材に対し、嘆願書を提出した経緯を説明した。主な内容は次の通り。

 嘆願書を提出したのは18日の夕方。同日から激励の電話や、主張すべきところは主張すべきだというご意見が相次いで寄せられた。そうした世論に押されたわけではないが、18日から後援会やさまざまな組織とご相談させていただいて決めた。

 (17日朝の)辞退の決定については、あの時点では(野球部に)濃厚接触者がいたかどうか分からず、保健所も(早朝のため)開いていないので(PCR検査などを進められず)あれ以上のことができなかった。相手のあることだが、なんとかオーダー交換締め切りの午前8時10分を遅らせてもらえないかと鳥取県高野連にもご相談したが、ああいう結果になってしまった。たとえば19日は2試合しかない日なので、2日延期して初戦を19日にできないかとも相談はした。

 嘆願書では、生徒に濃厚接触者はおらず、念のため感染者の近くにいた者(野球部関係者ではない)にPCR検査を実施したが陰性だった、生徒の進路にも関わることなので、対戦相手の境高校さんには申し訳ないが、再考していただけないかとお願いした。受け入れていただけるかは別として、本校だけでなく他校でもこうしたケースが起こる可能性がある。夏だけでなく秋にも起きる可能性がある。本校が認められなくとも、今後他校が同じような思いをすることがないようにご検討いただければ幸いだ。境高校さんには大変申し訳ないと思っており、日程などの問題もあるので、嘆願書を出したからといって難しいのは重々承知している。

 県高野連の新型コロナ感染防止対策要領では、<学校の生徒や教職員等の中から新型コロナ感染症の患者が発生したときは、その学校は臨時休校となることから、その間は選手および教職員は大会参加できない。ただし、保健所が実施する疫学調査を踏まえ、専門家と協議した結果、参加できる場合もある>の一文がある。その適用を検討していただくことになる。【聞き手・野原寛史】

関連記事(外部サイト)