6年ぶり自殺率ワーストの岩手 コロナ感染拡大も影響か

6年ぶり自殺率ワーストの岩手 コロナ感染拡大も影響か

岩手県内の自殺状況や対策などについて話し合う県自殺対策推進協議会の参加者ら=盛岡市内で2021年7月19日、日向米華撮影

 厚生労働省の人口動態統計で、岩手県内の2020年の人口10万人当たりの自殺者数の割合を示す「自殺率」が21・2人と、6年ぶりに全国最悪に落ち込んだ。自殺者数は前年より6人増え256人だった。19日に開かれた県自殺対策推進協議会で報告された。

 厚労省が6月に統計を公表し、住所地に基づく各都道府県の自殺者数と自殺率が明らかになった。県内の自殺率は前年より0・7ポイント悪化した。自殺率の全国平均は16・4人で、2番目に多かった宮崎県は20・5人と、県内の自殺率の高さが際立つ結果となった。

 県内では03年の自殺者数527人、自殺率37・8人をピークに年々改善の傾向にあるが、自殺率は14年に全国最悪となり、19年は2番目と高止まりが続いている。

 一方、警察庁が発表している発見地に基づく統計によると、20年の県内の自殺者数は278人で、男女別では男性184人、女性94人だった。年齢別では40〜49歳が59人と最も多かった。特に男性は倒産や失業など経済的な問題が自殺につながるケースが多く、新型コロナウイルスの感染拡大も影響しているとみられる。

 協議会には地域で活動する保健福祉や医療関係者らが出席。相談体制の充実の必要性や新型コロナによる危機感を共有した。会長を務める達増拓也知事は「コロナが長期化し自殺リスクが高まることが懸念される。誰も自殺に追い込まれることのない地域づくりを実現するため、各機関が一層の連携を深め協働することが重要だ」と述べ、協力を求めた。【日向米華】

 ◆相談窓口

いのちの電話相談

 0570-783-556=ナビダイヤル 午前10時から午後10時まで

自殺予防「いのちの電話」

 0120-783-556(なやみこころ)=毎月10日(午前8時から〜11日午前8時)にフリーダイヤルの電話相談

 日本いのちの電話連盟はこちら(http://www.inochinodenwa.org/)

 全国のいのちの電話はこちら(http://www.inochinodenwa.org/lifeline.php)

東京自殺防止センター(NPO法人国際ビフレンダーズ東京自殺防止センター)

 03-5286-9090=年中無休、午後8時〜午前2時半(毎週月曜日は午後10時半〜午前2時半、毎週火曜日は午後5時〜午前2時半 http://www.befrienders-jpn.org/)

関連記事(外部サイト)