双子の遺体遺棄 「安置」認めず技能実習生に有罪判決 熊本地裁

双子の遺体遺棄 「安置」認めず技能実習生に有罪判決 熊本地裁

双子遺体"安置"認めず母有罪

双子の遺体遺棄 「安置」認めず技能実習生に有罪判決 熊本地裁

熊本地裁=栗栖由喜撮影

 熊本県芦北町で2020年11月、産んで間もない双子の遺体を遺棄したとして死体遺棄罪に問われたベトナム人技能実習生、レー・ティ・トゥイ・リン被告(22)=保釈中=に対し、熊本地裁(杉原崇夫裁判官)は20日、懲役8月、執行猶予3年(求刑・懲役1年)の判決を言い渡した。

 起訴状によると、被告は20年11月15日ごろ、双子の男児を出産し、遺体を段ボール箱に入れて自宅の棚に放置したとされる。双子は妊娠8、9カ月で生まれ、死産だったとみられる。

 公判で検察側は「妊娠、出産を隠すために遺体を放置した」、被告側は「体力回復後にベトナムで慣習となっている土葬をするつもりで安置していた」などとそれぞれ主張。被告の行為が「放置」か「安置」かが争点だった。【栗栖由喜】

関連記事(外部サイト)