不自由展に「ガソリン持って行く」 強要未遂容疑で男性を書類送検

不自由展に「ガソリン持って行く」 強要未遂容疑で男性を書類送検

警視庁=米田堅持撮影

 東京都内で今年2月に予定されていた「表現の不自由展・東京」の開催を妨害しようとしたとして、警視庁公安部は20日、都内に住む40代男性を強要未遂容疑で書類送検した。

 書類送検容疑は2020年10月11日、同展の開催を告知した実行委員会関係者のツイッター投稿に対し、「やるなら妨害しにいきます。ガソリン持ってきますね」と返信し、同展を中止させようとしたとしている。同部は認否を明らかにしていない。

 当初、今年2月に開催予定だった同展は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で6〜7月に延期されていたが、新宿区にある会場周辺での抗議活動などを受け、再度の延期を発表している。

 捜査関係者によると、男性は特定の団体には属していなかった。実行委側が昨年12月、警視庁に被害届を出していた。【斎藤文太郎】

関連記事(外部サイト)