98歳男性を逮捕 倉庫で大工用具を盗もうとした疑い 京都府警

98歳男性を逮捕 倉庫で大工用具を盗もうとした疑い 京都府警

京都府警本部=石川貴教撮影

 未明に倉庫へ侵入し、保管されていた大工用具を盗もうとしたとして、京都府警北署は20日、京都市北区の無職の男性(98)を建造物侵入と窃盗未遂の疑いで現行犯逮捕した。逮捕後に男性がくぎ打ち機2個を盗んでいたことが分かり、同署は容疑を窃盗に切り替えて動機などを調べる。

 逮捕容疑は20日午前3時半ごろ、同区の倉庫に侵入し、大工用具を盗もうとしていたとしている。調べに対し「間違いない」と容疑を認めているという。

 同署によると、見慣れない自転車が倉庫の外に止めてあるのを見た近隣の住民が、倉庫内で懐中電灯の明かりが動いているのを不審に思い、110番通報。駆け付けた同署員が逮捕した。男性は1人暮らしだったといい、事件が発覚しないよう未明を狙ったとみられる。【中島怜子】

関連記事(外部サイト)