ウガンダ選手?を三重県内で保護 大阪での五輪合宿中に行方不明

ウガンダ選手?を三重県内で保護 大阪での五輪合宿中に行方不明

三重県

 東京オリンピックの事前合宿中に大阪府泉佐野市内の滞在先から所在不明になっていたウガンダ選手団のジュリアス・セチトレコ選手(20)=男子重量挙げ=とみられる人物が20日、三重県四日市市内で保護されたことが捜査関係者への取材で分かった。

 セチトレコ選手は16日から行方が分からなくなり、大阪府警や泉佐野市が捜していた。宿泊していたホテルの自室には、「ウガンダには帰らず、日本で仕事がしたい」という内容の書き置きが残されていた。

関連記事(外部サイト)