和歌山県の技監「第5波の可能性」認識示す 新型コロナ 

和歌山県の技監「第5波の可能性」認識示す 新型コロナ 

和歌山県庁=黒川晋史撮影

 和歌山県内の新型コロナウイルスの感染状況について、県福祉保健部の野尻孝子技監は20日、「11日から第5波に入った可能性が高い」との見方を明らかにした。感染者の増加傾向がうかがえることや、感染力がより強いとされるインド由来のデルタ株への感染が大阪府などで広がっている状況を踏まえ、総合的に判断した。

 県によると、デルタ株の感染は県内で現在3人が判明。この他、疑いのある事例が6例あるという。また、11〜19日に発表した感染者44人のうち、年代別で最も多い20代の18人は、全員がワクチンを接種していないという。一方、20日までの7月の感染者68人中で、「医療・介護」の関係者の感染はなかった。県はワクチンの有効性を示唆しているとしている。

 野尻技監は「デルタ株で第5波の波が高くなる可能性は秘めているが、ワクチンの効果で小さくなる可能性もある」と指摘した。その上で、「感染の機会となり得るので、大阪など大都市圏へ行っての飲食は注意を払ってほしい。東京オリンピックなどでの盛り上がりが推定され、集まっての飲食も大変危険だ」と述べた。県は症状が出た場合、速やかに医療機関を受診するよう求め、マスク着用の徹底を改めて呼び掛ける。【新宮達】

関連記事(外部サイト)