製薬会社工場で硫酸含む白煙 周辺住民に健康被害確認されず 富山

製薬会社工場で硫酸含む白煙 周辺住民に健康被害確認されず 富山

霧状の硫酸を含む白煙が立ち上る富士化学工業の郷柿沢工場=富山県上市町で2021年7月19日午後7時28分、高良駿輔撮影

 富山県上市町郷柿沢にある製薬会社「富士化学工業」郷柿沢工場で19日から異臭や白煙が漏れ出す騒ぎがあり、医薬品原料の三酸化硫黄(SO3、無水硫酸)が水蒸気と化学反応し、霧状になった硫酸を含む白煙が屋外に漏れたことが県への取材で判明した。20日も周囲に刺激臭を伴う白煙が漂ったが、県警などによると健康被害は確認されていないという。

 白煙を大量に吸い込むとせき込む恐れがあるため、上市町は周辺住民に対して窓を閉め、外出を控えるよう呼びかけている。

 町などによると19日午後1時50分ごろ、工場周辺の住民から「異臭がする」「薬品が漏れている」と町を通じて消防に通報があった。富士化学工業によると白煙が発生したのは同日午前10時ごろ。工場内にSO3を搬入したタンクローリーに穴が開いていたのが原因という。

 担当者は工場内で対応に手間取り、消防への通報が遅れたと説明している。漏れ出た量は不明。回収や排煙が終わるのは21日になる見通し。【高良駿輔】

関連記事(外部サイト)