各地で厳しい暑さ 山梨・甲州で37.9度 気象庁、熱中症に警戒

各地で厳しい暑さ 山梨・甲州で37.9度 気象庁、熱中症に警戒

猛暑日を記録する厳しい暑さとなり、逃げ水が現れた大濠公園を歩く人たち=福岡市中央区で2021年7月20日午後2時57分、野田武撮影

 日本列島は20日、高気圧に覆われ各地で気温が上昇した。気象庁によると全国の観測点のうち真夏日(最高気温30度以上)となったのは737地点で、うち118地点で猛暑日(同35度以上)となった。21日も厳しい暑さが続く見通しで熱中症などへの警戒を呼びかけている。

 気象庁によると20日の最高気温は、山梨県甲州市37・9度▽京都市中京区37・3度▽甲府市、福島市37・0度――など。九州・山口では佐賀市の36・1度が最高だった。

 福岡市中央区では午後3時過ぎに35・6度を観測した。大濠公園では、手持ち型の扇風機で暑さをしのぎながら歩く人たちの姿がみられた。【黒澤敬太郎】

関連記事(外部サイト)