車検登録手数料と重量税、22年中にクレジット払い導入へ

車検登録手数料と重量税、22年中にクレジット払い導入へ

河野太郎行革担当相

 河野太郎規制改革担当相は20日の記者会見で、全国の運輸支局の窓口で支払う車検の登録手数料と自動車重量税について、事前登録したクレジットカードで決済できるようにすると表明した。現行は印紙支払いしか認められておらず「キャッシュレス化」を求める声がある。2022年の通常国会に関連法案を提出するなどし、同年中の実現を目指す。

 河野氏は会見で「申請者も手続きをする側も利便性を高めて業務が効率化できるようにしたい」と述べた。クレジットカード払いのほか、22年の早期に車検の申請書をスマートフォンやパソコンで作成できる仕組みも導入する。今後は印紙支払いの廃止に向け、決済手段をQRコードなどに拡大することを検討する。【堀和彦】

関連記事(外部サイト)