消毒ロボも搬送ロボも 近未来駅バージョンアップ 高輪ゲートウェイ駅で実証実験

消毒ロボも搬送ロボも 近未来駅バージョンアップ 高輪ゲートウェイ駅で実証実験

手すりに消毒剤を噴射する「クリナボシーエルゼロ2」=東京都港区のJR高輪ゲートウェイ駅で2020年7月27日、玉城達郎撮影

 JR高輪(たかなわ)ゲートウェイ駅(東京都港区)で27日、消毒作業や手荷物搬送を担うロボットの実証実験があった。新型コロナウイルスの感染防止にもつながると期待されており、JR東日本は2024年度の導入を目指している。

 この日登場した清掃ロボットは3種類。いずれも自律移動型で、人が歩く程度のスピードで動く。このうち、日本信号などが製作したロボット「クリナボシーエルゼロ2」は高さ47センチ、幅48センチ、奥行き62センチ。センサーで周囲の情報を集め、人工知能(AI)が構内の形状や清掃ルートを記憶。3Dカメラで障害物を検出し、人とぶつかりそうになれば一時停止する。実験は駅構内の改札外で行われ、手すりなどに消毒剤を重点的に噴射した。

 このほか、手荷物や軽食を運ぶロボットなどの実験もあった。ロボット導入は人手不足の解消に加え、人と人との接触がなくなるため、感染症対策にも役立つとされている。

 高輪ゲートウェイ駅は3月、山手線と京浜東北線の新駅として田町―品川間に開業した。最新技術を駆使した近未来型の駅で、AIを活用した駅案内や警備のロボットが試行導入されている。消毒作業ロボットは、将来的に車両内での活用も検討する。【山本佳孝】

関連記事(外部サイト)