視覚障害者、電車と接触し死亡 ホームから転落 JR阿佐ケ谷駅

視覚障害者、電車と接触し死亡 ホームから転落 JR阿佐ケ谷駅

警視庁=米田堅持撮影

 26日午後2時45分ごろ、東京都杉並区のJR阿佐ケ谷駅で、東京都小平市小川西町、マッサージ師、吉本充伸さん(51)が千葉発三鷹行きの総武線電車(10両編成)と接触し、死亡した。警視庁杉並署によると、吉本さんは視覚障害者で、誤ってホームから転落したとみられる。

 同署によると、駅の防犯カメラに、ホームの線路沿いを歩く吉本さんが足を踏み外し、線路に転落する様子が映っていた。吉本さんは自力でホームに上がろうとしたが、進入してきた電車と接触したという。現場で白杖(はくじょう)が見つかった。

 阿佐ケ谷駅にはホームドアは設置されていない。【鈴木拓也】

関連記事(外部サイト)