容疑者、ゴミ収集車で逃走図る 無差別殺人の疑い、愛知県警が捜査 3人死傷

容疑者、ゴミ収集車で逃走図る 無差別殺人の疑い、愛知県警が捜査 3人死傷

愛知県豊橋市の現場

 27日午後2時半ごろ、愛知県豊橋市大村町高之城の県道で、除草作業の交通整理をしていた愛知県田原市の警備員、夏目喜生さん(46)が乗用車にはねられ、死亡した。近くにいた40〜60代の男性作業員2人も巻き込まれて負傷。県警豊橋署は車を運転していた住所・職業不詳、青野圭容疑者(27)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。青野容疑者は容疑を認めており、同署は無差別殺人の疑いがあるとみて捜査している。

 現場近くにいた男性会社員(44)は夏目さんをはねた直後の青野容疑者を目撃した。午後2時半ごろ「ドカン、ガラガラ」という音を聞いた男性は「ただの事故とは思えない」と驚いて外に出ると、路上に夏目さんと作業員2人が倒れていた。乗用車が衝突して止まり、運転席に乗っていた青野容疑者はぐったりした様子だったという。

 車から炎と煙が上がったため、青野容疑者はほかの作業員に車内から救出された。その後、作業員らが除草作業のために近くに止めていたゴミ収集車に乗って逃げようとしたが、駆けつけた警察官に取り押さえられたという。

 現場近くに住む別の男性会社員(47)は「救急隊員が(夏目さんを)心肺蘇生しているのを見た。ここでこんな大きな事件は初めて」と驚いた様子で話した。近くの女性会社員(55)は「普段は静かなところだけど、時間が違えば自分が被害に遭っていたかもしれないと思うと怖い」と声を震わせた。【高井瞳、渡辺隆文】

関連記事(外部サイト)