埼玉県警が「ヤード」家宅捜索 駐車中のトラック窃盗容疑で3人逮捕

埼玉県警が「ヤード」家宅捜索 駐車中のトラック窃盗容疑で3人逮捕

盗難車が持ち込まれたとみられるヤードに家宅捜索に入る埼玉県警の捜査員=茨城県結城市で2020年7月29日午前9時9分、平本絢子撮影

 埼玉県長瀞町の空き地に駐車していたトラックを盗んだとして、埼玉県警は29日、千葉県野田市桜台の職業不詳の男性(38)ら、いずれもカメルーン国籍の男性3人を窃盗容疑で逮捕した。捜査関係者への取材で判明した。盗まれたトラックは茨城県結城市の自動車を保管・解体する施設「ヤード」に持ち込まれたとみられ、埼玉県警は同日午前、このヤードを家宅捜索した。

 捜査関係者によると、男性らは4月27日午前3時25分ごろ、長瀞町の空き地でトラック1台(時価約20万円相当)を盗んだ疑いが持たれている。県警はトラックがヤードで解体された後、海外に輸出された可能性があるとみている。

 埼玉県北部を中心に、関東では2019年12月〜20年7月にトラック約20台が盗まれており、関連を調べる。

 ヤードは塀や柵で覆われて閉鎖性が高く、一部は盗難車転売の温床になっていると指摘されている。埼玉県は7月1日に県ヤード条例が施行。事業者に対し、事業の届け出や、自動車の受け取り・引き渡し記録の作成を義務付けており、違反した場合は罰則もある。【中川友希、平本絢子】

関連記事(外部サイト)