巡査部長、飲酒当て逃げ 危険運転致傷容疑で書類送検 青森県警

巡査部長、飲酒当て逃げ 危険運転致傷容疑で書類送検 青森県警

青森県警本部=青森市新町2で、岩崎歩撮影

 飲酒運転で人身事故を起こして逃げたとして青森県警は30日、県警本部に勤務する40代男性巡査部長を自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)と道交法違反(事故不申告)の容疑で青森地検八戸支部に書類送検し、同日付で懲戒免職にした。

 県警監察課によると、巡査部長は6月26日午後4時5分ごろ、缶チューハイ数本を飲んで十和田市内の国道で軽乗用車を運転し、交差点で信号待ちしていた車に衝突。運転していた50代女性の首にけがをさせるなどし、そのまま現場から逃走したとしている。「酒を飲んで運転し発覚を恐れて逃走した」と容疑を認めているという。

 女性から被害の申告を受けた十和田署員が約1時間後に市内で巡査部長を発見し、呼気からは基準値を超えるアルコールが検出されたという。

 斉藤文信警務部長は「再発防止対策の徹底を図るとともに、県民の信頼回復に努める」とコメントを出した。【平家勇大】

関連記事(外部サイト)