郡山爆発 事前にガス会社が配管の腐食確認、店に指摘 漏れて店内に充満か

郡山爆発 事前にガス会社が配管の腐食確認、店に指摘 漏れて店内に充満か

爆発で店舗の外壁などが広範囲に飛散した現場周辺=福島県郡山市で2020年7月30日午前11時18分、本社ヘリから長谷川直亮撮影

 福島県郡山市の大手飲食チェーン「しゃぶしゃぶ温野菜」郡山新さくら通り店が爆発し、1人が死亡、19人が重軽傷を負った事故で、店内を通るガス管の一部で腐食が進んでいたことが捜査関係者への取材で明らかになった。事前に点検したガス会社が腐食を確認し、店側に伝えていたという。県警は、腐食部分からガスが漏れて店内に充満し、爆発につながった可能性が高いとみて、配管の管理に問題がなかったか調べる。

 捜査関係者によると、ガスの配管は金属製で、屋外のボンベから調理場の床の上を通ってガスコンロや給湯器などにつながっていた。現場検証で見つかったガスコンロ近くの配管の一部が、さび付き腐食が進んでいたという。6月30日にガス会社が定期点検した際にガス漏れなどの異常はなかったが、腐食が進んでいることを確認し、店側に伝えていたという。

 また県警や消防は現場検証で、ガスメーターを回収。分析結果から4月24日の休業時には6本あるボンベは満タンだったが、休業期間中にもかかわらず、7月に入って使用量が増えていたことも判明した。メーターにはガス漏れ発生時に自動的にガス供給を停止する安全装置がついていたという。

 県警は業務上過失致死傷容疑で捜査。同店の運営会社やガス会社に事情を聴き、配管の管理状況などを確認する。ガスメーターの分析なども進め、ガスが漏れ出した時期や漏れた量、安全装置が正常に作動したかなどを調べる。

 事故は7月30日午前に発生。同店の改修工事を担当していた内装会社の男性社員(50)が死亡、通行人ら19人が重軽傷を負い、周辺の民家など180棟以上が被害を受けた。【磯貝映奈】

関連記事(外部サイト)