天に続く道:28キロ一直線 隠れた名所が全国区に

28キロ一直線の隠れた名所

天に続く道:28キロ一直線 隠れた名所が全国区に

天に続く道:28キロ一直線 隠れた名所が全国区に

「天に続く道」を走る自転車の青年=北海道斜里町で2017年7月13日、梅村直承撮影

 北海道斜里町の海別岳ふもとにある小高い農道に立つと、そこから町道、国道334、244号と続く東西約28キロの道を望むことができる。「天に続く道」と名付けられた隠れた撮影ポイントだったが、昨年8月に航空会社の機内誌に掲載され、全国に知られるようになった。

 好天の日には終日、写真を撮ろうと訪れる観光客が絶えない。町は周囲の農地に立ち入らないよう呼びかけながら、世界遺産・知床のもう一つの観光スポットとして売り出す。

 「この坂、一気に行けるかなあ」。自転車をこぎ始めた25歳の青年がつぶやいた。勤務先をいったん休職し、自転車で日本一周をしているという。アップダウンが続くのは人生も同じ。「頑張ろう」。自分にも言い聞かせるように、彼の背中に呼びかけた。【梅村直承】

関連記事(外部サイト)