本因坊戦リーグ 黄翊祖九段2年ぶり復帰 8人でそろう

 第76期本因坊戦リーグ(毎日新聞社、日本棋院、関西棋院主催)への参加をかけた最終予選決勝が10日、東京都千代田区の日本棋院で打たれ、黄翊祖(こういそ)九段(33)が2年ぶりのリーグ復帰を決めた。他に鶴山淳志八段(39)、佐田篤史七段(24)、大西竜平七段(20)も最終予選を突破してリーグ初参加を決めており、リーグ戦に参加する8人が出そろった。

 シードは、前期挑戦者の芝野虎丸名人(20)、許家元八段(22)、一力遼碁聖(23)、羽根直樹九段(44)の4人。最終予選を突破した4人を加えた8人が、総当たりで本因坊文裕(31)=井山裕太九段=への挑戦権を争う。本因坊戦リーグは10月に開幕する。【丸山進】

関連記事(外部サイト)