「温厚な性格なのに」近隣に驚き 女子高生死亡 同居の祖父を殺人容疑で逮捕 福井県警

 福井市黒丸城町の住宅で女子高生の遺体が見つかった事件で、福井県警は10日、この家で女子高生と同居していた祖父で無職の冨沢進容疑者(86)を殺人容疑で逮捕した。県警は裁判員裁判の対象になるという理由で認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は、9日夜、自宅で同居する孫の高校2年、友美さん(16)の上半身を鋭利な刃物で刺し、殺害したとしている。

 司法解剖の結果、上半身に複数の刺し傷が見つかったが、死因は特定できなかった。県警は2人の間のトラブルなど詳しい事件の経緯や動機を調べている。

 県警によると、冨沢容疑者は友美さんと2人暮らし。9日深夜に福井市内の別の場所に住む息子で友美さんの父親に連絡した。駆け付けた父親が1階で倒れている友美さんを発見し、10日午前0時10分ごろ、「娘が倒れて動かない」と110番した。友美さんは病院に搬送されたが死亡が確認された。

 近隣住民によると、妻が病気で入院したため1人暮らしになった冨沢容疑者の元を以前から友美さんとその両親らが時々訪れ、食事を作るなど世話をしていた。7月ごろから、友美さんが冨沢容疑者宅に同居するようになったという。

 近くの男性は、冨沢容疑者が毎日のように自宅敷地内を歩いたりする姿を見かけていた。数日前の夕方には冨沢容疑者と立ち話をしていたところ、友美さんが家から出てきて男性に頭を下げてあいさつし、「じいちゃん、ご飯」と声を掛けていたといい、「(冨沢容疑者は)温厚な性格。その時も変わった様子はなく、まさかこんなことになるなんて思いもしなかった」と声を落とした。【大原翔、岩間理紀】

関連記事(外部サイト)