栃木・箒川で男性流される 下流の河川敷で遺体で発見か

 11日午後8時ごろ、栃木県那須塩原市塩原の箒(ほうき)川で、橋を修理していた市内在住の男性(75)が流された、と妻から110番があった。県警那須塩原署や消防が捜索し、翌12日午前8時5分ごろ、数キロ下流の河川敷で身元不明の男性の遺体を見つけた。同署は流された男性とみて身元の確認を急いでいる。

 宇都宮地方気象台によると、那須塩原市付近では11日午後8時20分までの1時間で約110ミリの大雨を観測していた。【玉井滉大】

関連記事(外部サイト)